テーマ:雑記

画集「ヒロ・ヤマガタの世界」

昨年、画集「長岡秀星の世界」のことをブログに書きましたが、今度は「ヒロ・ヤマガタの世界」についてです。どちらも何故か、日本ではあまり評価されず、アメリカで圧倒的な人気のある点が共通しています。 書棚を整理していた時、この画集が目に入りました。ヒロ・ヤマガタは、1948年生まれ本名 山形博導(ひろみち)で滋賀県出身、現在アメリカ在住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水底のアート

この写真を見た人が、「これ、何かの星座ですか」と訊いてきました。その人は、私が星空をも撮っていることを知っていたからでした。最初パッと見た瞬間、誰でも不思議に思う光景です。 現代美術のアーティストが、底の浅い人口池の中に、白い小石を並べたインスタレーションです。数年前のブログに載せた写真ですが、もう2点他のフォルダで見つかりました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

芸達者な象

11月10日(木)、昨日降った初雪がまだ庭に残っています。数年前の今日、この寒い日に「微笑みの国」タイへ出発したことを思い出しています。毎日気温が35度もあるタイで、最初に触れ合った(?)のが、心を暖かにしてくれる象さん達でした。 ここはタイのチエンマイ。象は大きな観光資源です。でっかくて、大人しくて、優しい目をした象は人気があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんご収穫直前

りんごの色が日ごとに濃くなり、これから11月にかけてりんごの収穫が本格化します。私が住む板柳町は、「ふじ」りんご発祥の地に隣接していて、「りんごの里」を標榜しています。 板柳町は、りんご生産が主幹産業です。りんご園だったところが住宅地になっている所もあり、りんごが非常に身近なものになっています。幹線道路のすぐそばに、りんごがなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然、タカ現る!

リンゴ園の中の県道を走っていましたら、右前方に突然一羽のタカが舞い上がりました。バードウオッチングが趣味の私は、思わずブレーキを踏みました。8月上旬のころで、その時初めて見たのですが、後で「カイト鷹」というものだということを知りました。 「カイト」とは、英語で凧のこと。地面に立てたポールの先に糸で繋がれていて、風に吹かれ上下左右の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SL銀河、奥羽本線を走る

今月17日(土)、19日(月)の両日、弘前駅ー青森駅間(奥羽本線)をSL列車が走りました。北海道新幹線開業や東北復興に関連した観光宣伝として行ったものです。 宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」にちなんで、「SL銀河」と命名され釜石線(釜石・花巻間)で土日・休日に運行されているSLです。客車の中はレトロシートで、宮沢賢治ギャラリーやプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽のピラミッド?

ピラミッドの形に似た山が、国内あちこちに在るようです。津軽北部にも均整のとれた山があり、「靄山(もや山)」と呼ばれています。五所川原市脇元地区の日本海沿いにあります。 近年、人工山ではないかと話題になっています。夢とロマンがあって、興味を惹きたてますが自然に出来た山だろうという説が有力のようです。標高152.4mです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パンフレット

私が子供のころから、趣味として現在まで続いているもの、それは映画です。小学校低学年あたりから、親がよく映画館へ連れて行っていたので、大人になっても映画への興味・関心が強く、今では「心の糧」と言ってもいいくらいです。 昔、映画を観終わって感動や関心が強かった時には、パンフレットを買って映画館を出たものでした。最近は買うことはは殆ど無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛岡城跡の石垣

南部藩(20万石)の居城だった「盛岡城」は、現在「盛岡城跡公園」となっています。天守など建造物は無く、特に景観の良いポイントは、あまり有りませんでした。ただ、残されている数々の石垣は、目を見張る素晴らしいものでした。 寛永10年(1633年)、第28代藩主 重直公の時代に完成した平山城で、指定文化財「国の史跡」になっています。土塁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草間彌生のアート

この度、十和田市現代美術館を再び訪れる機会がありました。「前衛の女王」の異名のある彫刻家・画家 草間彌生の作品が、美術館前のアート広場に常設されていますので、今回はじっくり鑑賞してきました。 草間彌生は、水玉模様やカボチャなどをモチーフしている前衛芸術家で世界的に名が知られています。彼女の八つの彫刻があるアート広場は、十和田市の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボギーが大好き

と、言ってもゴルフとは関係ありません。昔、ハリウッドの人気俳優だったハンフリー・ボガートのことです。愛称がボギー(Bogie)でした。私はボギーのファンで、彼が出演する映画をよく観ていました。只今断捨離中で、書棚を整理していたら奥からボギーの似顔絵が出てきました。 なんと、それは私が描いたものでした。25年ほど前、日本創芸教育社の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三大がっかり名所

旅先でガイドさんが、「日本三大がっかり」と言われている名所があると教えてくれました。札幌の時計台、高知のはりまや橋、那覇の守礼門だそうです。この三か所へは行ったことがありますので、「そういえばそうかな」と思いました。ネットで調べてみたら、「世界三大がっかり名所」もありました。(^○^) こちらも行ったことがあり、「ピクチャ」のフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に残った映画10本

映画は私が少年時代からの一番古い趣味です。今も週に1、2回程度観に行きます。気分転換、好奇心、単なる娯楽、心の糧などいろいろ理由をつけて近くのシネコンへ車を走らせます。 昨年からこれまで、心に残った映画を10本だけ挙げてみます。ベストテンという訳ではありません。 ★ 「杉浦千畝」    主演:唐沢寿明        6000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀さんの画像

亀は縁起がいい動物ということで、人間様に人気があります。それでペットとして飼っている人も多いのでしょう。外来種のミドリガメなどは可愛いいんですが、大きくなると飽きたのか、手余ししたのか捨てる人も多いのは困りものですね。 わが家の近くでもよく目にします。これはミドリガメ。正式名称は「ミシシッピアカミミガメ」というそうです。 要注意…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪中の子ども裸像

楽器を手にしている子どもの裸像がつがる市の地球村にあります。普段見過ごしていた像が、雪の中に立っているのを見たらフォトジェニックのようなものを感じてカメラを向けました。 寒そうですが、雪の中だから「寒そう」を通り越して「オモシロイゾー」(面白い像)となった次第です(笑)。ギリシャ風ですが、ギリシャでは雪は降るのかな{%はてなweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白 岩木山

遠くに変形した山が見えますが、岩木山です。画像ソフトで変形させたのではありませんよ(笑)。普通に撮った写真です。種明かしは・・・ ロードミラーに映った景色です。古いロードミラーなので、凸面鏡が歪んでいたのですね。上の写真は、ロードミラーだと分からないようにトリミングしたお遊び画像です(*^_^*)        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何時でも「ねぶた」

ねぶたと言えば夏の祭り。でも、本物のねぶたを年中見ることが出来る施設があります。その名は「ねぶたの家 ワ・ラッセ」と言って、青森駅の直ぐ目の前にあります。平成23年1月にオープンしたのですが、この度初めて入る機会がありました。 PRチラシによると、正式名称は「青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ」と言うそうです。長いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治 疎開の家

太宰治が旧金木町に疎開していた時の家が、現在も保存されています。昭和20年7月から21年11月まで疎開していました。津軽鉄道 金木駅から中心街(西方)へ向って徒歩5分のところにあります。大正11年に建てられた木造住宅です。 太宰治の生家(現斜陽館)の離れ(新座敷)として、長兄文治の結婚を機に造られたものです。今は記念館ですので、入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積雪ゼロだった12月24日

去る12月24日(木)、津軽は積雪ゼロで快晴だった。その時撮ったのが下の写真です。うん十年もここ雪国に住んでいて、クリスマス・イヴの日に、こんな景色を見たのは初めてです。やはり地球の天候は異変をきたしているのでしょうか。 記録の写真を残しておこうと思って、近くの十字路に出て先ず北の方角を撮りました。               …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「わさお」は今

5年ほど前秋田犬(長毛種)が、ブサかわいいというので有名になりました。「わさお」の題名で映画にもなりました。その後飼い主の菊谷さんが入院した時、毛が抜け落ちて”別犬”になったと聞きました。それで、チョット様子を見に行ってきました。 我が家から車で40分の鰺ヶ沢町です。海岸沿いにある焼きいか店「きくや商店」に「わさおの家」がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽為信像

前回のブログ記事「城が動いた」の最後に、弘前藩の藩祖津軽為信像の写真を載せました。その像を設置する様子を撮った写真が古いフォルダの中にありました。桜満開の時で、今の季節に合わないんですが、前記事の関連と記録写真として今回載せました。 「城が動いた」にも書きましたが、為信像は戦前本丸に建っていました。1909年(明治42年)の建立だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城が動いた

正確には「天守が動かされた」です。弘前城の石垣が膨らんでいて、地震などで崩落のおそれがあるというので修理することになりました。修理期間は10年間となる大工事です。 城の天守を移動して工事するなんて、そう滅多にあるものではないでしょう。マスコミも大きく取り上げ、弘前公園の観光客も増加しています。江戸時代から現存している天守は12しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長岡秀星の世界

イラストレーターの長岡秀星氏が去る6月23日に78歳で死去していたことを最近知り驚いています。私は彼の絵が大好きで、30年ほど前に画集「長岡秀星の世界」「長岡秀星の世界・PART2」(日本放送出版協会)を購入し、感動しながら見入っていたものでした。 毎日新聞(10月5日付け)の記事「悼む」欄の見出しに”宇宙描き世界を魅了”とあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線・本州最北端駅

北海道新幹線の開業が2016年3月26日と決定しました。本州最北端の新幹線駅も完成しました。その名は「奥津軽いまべつ駅」といいます。野次馬は、どんな駅か見に行ってきました。 新幹線の駅としてはこじんまりとしたものですが、周囲の環境の中では立派に見えます。たくさんの見物人が来ていましたが、中には入れません。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松陰が眺めた景色

吉田松陰が22歳の時(1851~1852年)、ロシア船が出没する北方の防備状況を確かめるために、津軽半島の北端まで旅をしたことはよく知られています。その足跡を記念する石碑などが、あちこちに建てられています。                (タテ位置の画像が、何故かヨコ位置でアップされています。)と当初書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしの外人教師館

弘前市にはレトロな洋館が数多く残っています。そのうちの一つに「旧・東奥義塾外人教師館」があります。今は県重宝となって市が管理しています。何故懐かしいかというと、私が学生時代に数年間週1度ここを訪れていたものですから。 その当時、宣教師兼英語教師として米国人のジョージ・パロット先生一家が住まわれていまいた。ここで夜間に英語による「バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を撮る

風景を撮っていると、人の姿が邪魔になることがあります。逆に人が入っていることで、写真が引き立つこともあります。初めから人物を狙って撮ると、肖像権の問題があったりして難しいですね。 私は或る写真同好会に入っていますが、事情があって撮影に出掛けることに制限がかかっています。それで海外ツアーで撮った写真の中からセレクトして例会に持参して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あ、虹!」

虹を目にした時、誰でも「あ、虹!」と声に出すか、又は心に思うのではないでしょうか。「虹を見るに出かけましょう」ということはないですからね。自宅二階に居た時、南東の空に虹がかかりました。 すぐ消えないことを願いながら、急いで窓からシャッターを切りました。虹を見るのは久しぶり、そして写真に撮るのは初めてです。時刻は午後4時50分ころ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹生島(ちくぶしま)

竹生島は琵琶湖にあります。琵琶湖に四つも島があるなんて知りませんでした。日本一大きくて有名なこの湖は、列車の車窓からチョット眺めたことがあるだけだったものですから。それで長浜市からフェリーで竹生島に上陸(?)した時は、外国に来た気分でした。 長浜港からフェリーで30分、約6kmの沖合にあります。国宝の寺院と神社がある信仰の島であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整列している木箱

木箱が綺麗に整理整頓(?)されている光景を見たことがありますか。アップで写真に撮ったら連続模様にも見えます。これは何に使う箱でしょうか。 そうです、りんご箱です。りんごの産地以外に住んでいる方には見慣れない光景だと思います。我が家の近くにりんご箱を作る会社がありまして、会社前の敷地や建物内にたくさん積み上げていて壮観です。どのよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more