雪の公園を撮る

只今、津軽平野は一面の銀世界です。この状況になると、日光や時刻に気を配らないと写真は平板になってしまいそうです。それで、銀世界になる前の「雪の降り始め」を狙うのも一つのポイントではないかと思います。 以下の写真は、積雪のない時、モソモソと雪が降り続いた直後に撮った4コマです。カラー写真ですが、モノクロ写真みたいになりました。場所は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星空に星座線入れる(その3)

「はくちょう座」は夏の星座ですが、12月、1月上旬でも西空に沈むところを観ることができます。真夏なら「夏の大三角」として天頂を見上げることになりますが、今なら西空に張り付いていて写真にも撮りやすい。 下の写真は、まるで十字架が立ちあがっているみたいです。聞き慣れない言葉ですが「北十字星」と呼ぶ向きもあるようです。この写真を撮ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空に星座線入れる(その2)

前回「その1」の続きです。特に星座の種別は考慮しないで、アト・ランダムに並べています。今回はポジ・フィルム(リバーサル)で撮った写真が混じっています。 次の写真に「ヘール・ボップ彗星」が写っています。1997年(平成9年)3月に撮ったものです。このころはデジカメはありませんでした。フィルムカメラだけです。フィルムは、ポジ(リバーサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星空に星座線入れる(その1)

星空観望に興味を持ち始めたころ、星空を見上げても北斗七星とオリオン座の三ツ星くらいしか分からなかった。「満天の星」というけれども「黄道十二星座」など、「これがその星座だ」とはっきり認識できる星座は一つもありませんでした。 星座関係の写真集・解説書を見る、プラネタリウムへ行く、天文のカルチャー講座に出る、天文同好会に参加する等いろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木々の影に見とれる

いよいよスキーシーズン到来!カメラ持参でスキーに出掛けることが多いです。周囲の風景もさることながら、ゴンドラから眺める雪面に映った樹木の影がとても美しい。 雪に映った影は、写真に撮るとたいてい青色になりますが、ゴンドラの窓が青色なものですから、フィルターをかけて撮ったように更に青色が強くなります。以下、我が家から約20kmの所にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画集「ヒロ・ヤマガタの世界」

昨年、画集「長岡秀星の世界」のことをブログに書きましたが、今度は「ヒロ・ヤマガタの世界」についてです。どちらも何故か、日本ではあまり評価されず、アメリカで圧倒的な人気のある点が共通しています。 書棚を整理していた時、この画集が目に入りました。ヒロ・ヤマガタは、1948年生まれ本名 山形博導(ひろみち)で滋賀県出身、現在アメリカ在住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水底のアート

この写真を見た人が、「これ、何かの星座ですか」と訊いてきました。その人は、私が星空をも撮っていることを知っていたからでした。最初パッと見た瞬間、誰でも不思議に思う光景です。 現代美術のアーティストが、底の浅い人口池の中に、白い小石を並べたインスタレーションです。数年前のブログに載せた写真ですが、もう2点他のフォルダで見つかりました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特大スーパームーン

去る11月14日(月)に特大のスーパームーンを見ることが出来ました。月の軌道は楕円ですが、最遠よりもおよそ5万Kmも近かったという。それも68年ぶりだそうで、撮影しようと思い立ちました。 我が町の東側郊外に、工事後の残土で盛り上がった小高い場所があり、午後4時15分頃から其処に三脚を立てて月の昇るのを待ちました。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸達者な象

11月10日(木)、昨日降った初雪がまだ庭に残っています。数年前の今日、この寒い日に「微笑みの国」タイへ出発したことを思い出しています。毎日気温が35度もあるタイで、最初に触れ合った(?)のが、心を暖かにしてくれる象さん達でした。 ここはタイのチエンマイ。象は大きな観光資源です。でっかくて、大人しくて、優しい目をした象は人気があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の十和田湖

十和田湖の紅葉は、10月下旬が最高の見頃となります。湖畔からの眺めはとても美しいですが、船に乗って水上から見る景色も又素晴らしい。以下の写真は、晴天の日に船上から撮ったものです。                   オオハクチョウの幼鳥が泳いでいます。                        岸に寄って紅葉をアップ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

りんご収穫直前

りんごの色が日ごとに濃くなり、これから11月にかけてりんごの収穫が本格化します。私が住む板柳町は、「ふじ」りんご発祥の地に隣接していて、「りんごの里」を標榜しています。 板柳町は、りんご生産が主幹産業です。りんご園だったところが住宅地になっている所もあり、りんごが非常に身近なものになっています。幹線道路のすぐそばに、りんごがなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年 写真展から

年に5、6回、自分の写真を公共の場で展示できる機会があります。今日が今年の最後の日となりました。今年は3月、5月、7月、9月、10月と写真展などに出品してきました。あまり上手い写真とは言えませんが、後の思い出になるかと思いまして、13点をここに載せてみます。 私が会員となっている写真クラブ以外に、地域の合同(連合)で開催する写真展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然、タカ現る!

リンゴ園の中の県道を走っていましたら、右前方に突然一羽のタカが舞い上がりました。バードウオッチングが趣味の私は、思わずブレーキを踏みました。8月上旬のころで、その時初めて見たのですが、後で「カイト鷹」というものだということを知りました。 「カイト」とは、英語で凧のこと。地面に立てたポールの先に糸で繋がれていて、風に吹かれ上下左右の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SL銀河、奥羽本線を走る

今月17日(土)、19日(月)の両日、弘前駅ー青森駅間(奥羽本線)をSL列車が走りました。北海道新幹線開業や東北復興に関連した観光宣伝として行ったものです。 宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」にちなんで、「SL銀河」と命名され釜石線(釜石・花巻間)で土日・休日に運行されているSLです。客車の中はレトロシートで、宮沢賢治ギャラリーやプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽のピラミッド?

ピラミッドの形に似た山が、国内あちこちに在るようです。津軽北部にも均整のとれた山があり、「靄山(もや山)」と呼ばれています。五所川原市脇元地区の日本海沿いにあります。 近年、人工山ではないかと話題になっています。夢とロマンがあって、興味を惹きたてますが自然に出来た山だろうという説が有力のようです。標高152.4mです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パンフレット

私が子供のころから、趣味として現在まで続いているもの、それは映画です。小学校低学年あたりから、親がよく映画館へ連れて行っていたので、大人になっても映画への興味・関心が強く、今では「心の糧」と言ってもいいくらいです。 昔、映画を観終わって感動や関心が強かった時には、パンフレットを買って映画館を出たものでした。最近は買うことはは殆ど無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を撮る(その2)

人物が写っている写真は、「一期一会」のものですね。それだけに忘れ難く、思い出深きものがあり、愛着を感じます。「人を撮る」というタイトルでは2度目の記事になりますが、海外ツアーで撮った写真を並べてあります。 写真は、フォルダの中で目についたものをランダムに載せています。                 「スマイル」 女性のグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美人の立佞武多

五所川原市の立佞武多(たちねぷた)は年々人気が上昇。新作のテーマは「歌舞伎創生 出雲阿国」で、とても美しかった。ねぷたの絵姿と言えば、目の吊り上がったイカツイ武将などの顔が多い中、出雲阿国は異彩を放っていた。 高さ約23mの立佞武多のほか大小のねぷたなど17台が出陣し、5日間毎夕30万人前後の観客で賑わった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛岡城跡の石垣

南部藩(20万石)の居城だった「盛岡城」は、現在「盛岡城跡公園」となっています。天守など建造物は無く、特に景観の良いポイントは、あまり有りませんでした。ただ、残されている数々の石垣は、目を見張る素晴らしいものでした。 寛永10年(1633年)、第28代藩主 重直公の時代に完成した平山城で、指定文化財「国の史跡」になっています。土塁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「田んぼアート」2016

全国的にもすっかり有名になった青森県田舎館村の「田んぼアート」が見ごろとなりました。今年のテーマは大河ドラマ「真田丸」です。山本耕史の石田三成と草刈正雄の真田昌幸の姿が田んぼいっぱいに広がっています。 毎年のことながら、その出来栄えにただ感心するばかりです。今年から「展望デッキ」が設置されています。これまで狭い役場6階(天守閣)か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国の夏鳥(その2)

この記事を書いている間、開放した窓の外からカッコウの声がまだ聞こえてきます。猛暑の7月下旬あたりから、その声はあまり聞こえなくなりますが、夏の野鳥はまだまだ沢山います。                 コチドリ(小型のチドリ。目にある金色の輪が魅力的)                コムクドリ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北国の夏鳥(その1)

カッコウの声が聞こえてくると、「のどかな初夏になったなァ」と思います。北国では、夏鳥はカッコウのような渡り鳥と、渡り鳥ではないけれど夏季にだけ姿を現す野鳥がいます。冬は国内の南へ移動しているようです。 水辺でヨシキリの声を聞くと、一番夏を実感します。これまで撮った野鳥のフォルダから、そんな鳥をセレクトしてみます。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿原を歩く

カッコウとウグイスの声を多く耳にするこの季節、湿原を歩くと本当に気持ちがいいです。高山植物をはじめ野草を観察しながら自然に触れていると心が洗われます。 先日、カメラを肩に「田代平(たしろたい)湿原」の木道をゆっくり歩いてきました。この湿原は八甲田山系の北東に位置する高層湿原です。特にワタスゲで白一色になるので人気があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの奇岩群

ドイツに、こんな奇岩が林立している名所があるとは全然知りませんでした。ドイツの東端がザクセン州で、州都はドレスデンです。その近郊に巨大な奇岩が立ち並んでいる所があります。エルベ川のほとりにあって、その名は「ザクセン・スイス」といいます。 スイスの名がついていますが、スイスの風景は連想できませんね。ヨーロッパらしからぬ、むしろ中国に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイチャー写真展です

チョットPRです。津軽にネイチャー写真を中心とした写真クラブがあります。その名は「ぼんじゅ写真クラブ」といいます。私はそのクラブの会員で、只今写真展を開催中です。 このクラブは、県民の森「梵珠山」内の「県立自然ふれあいセンター」を本拠地としています。センターの協力を得ながら毎年5月~6月に写真展を開いています。今年は5月17日(火…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アカエリヒレアシシギ

去る5月17日(火)、アカエリヒレアシシギを初めて見て、初めて写真に撮りました。場所は十三湖です。我が家から車で約50分のところにあります。シジミを買った帰り、車の中から撮りました。、最初何の鳥か分からなくて、帰宅後図鑑を見たらアカエリヒレアシシギだと分かった次第。(~_~;)   はじめ、 スズガモ(♀)の近くにいたのでスズガモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津軽白神湖」って、どこ?

「津軽白神湖」という言葉、津軽人でもあまり耳慣れてないと思います。それは津軽地域の南西部に位置する西目屋村(人口約1,600)にあります。以前「美山湖(みやまこ)」と呼ばれていたダム湖が、3.6倍の貯水量になるのを機に4年前に「津軽白神湖」と命名されました。 岩木川水系の源流地域にある「目屋ダム」が、洪水と渇水を防ぎ切れなくなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘前のりんご公園

桜の名所、弘前公園の桜祭りは5月5日までですが、その頃になると殆ど葉桜になることでしょう。そこでバトンタッチするのが「弘前市りんご公園」です。「桜の公園」は全国至る所にありますが、「りんごの公園」は数少ないと思います。 りんごの木は、葉が先に出てから白い花が開くので派手さは無いですが、それなりに可憐さがあり明るい春を感じさせます。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

草間彌生のアート

この度、十和田市現代美術館を再び訪れる機会がありました。「前衛の女王」の異名のある彫刻家・画家 草間彌生の作品が、美術館前のアート広場に常設されていますので、今回はじっくり鑑賞してきました。 草間彌生は、水玉模様やカボチャなどをモチーフしている前衛芸術家で世界的に名が知られています。彼女の八つの彫刻があるアート広場は、十和田市の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボギーが大好き

と、言ってもゴルフとは関係ありません。昔、ハリウッドの人気俳優だったハンフリー・ボガートのことです。愛称がボギー(Bogie)でした。私はボギーのファンで、彼が出演する映画をよく観ていました。只今断捨離中で、書棚を整理していたら奥からボギーの似顔絵が出てきました。 なんと、それは私が描いたものでした。25年ほど前、日本創芸教育社の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三大がっかり名所

旅先でガイドさんが、「日本三大がっかり」と言われている名所があると教えてくれました。札幌の時計台、高知のはりまや橋、那覇の守礼門だそうです。この三か所へは行ったことがありますので、「そういえばそうかな」と思いました。ネットで調べてみたら、「世界三大がっかり名所」もありました。(^○^) こちらも行ったことがあり、「ピクチャ」のフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に残った映画10本

映画は私が少年時代からの一番古い趣味です。今も週に1、2回程度観に行きます。気分転換、好奇心、単なる娯楽、心の糧などいろいろ理由をつけて近くのシネコンへ車を走らせます。 昨年からこれまで、心に残った映画を10本だけ挙げてみます。ベストテンという訳ではありません。 ★ 「杉浦千畝」    主演:唐沢寿明        6000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀さんの画像

亀は縁起がいい動物ということで、人間様に人気があります。それでペットとして飼っている人も多いのでしょう。外来種のミドリガメなどは可愛いいんですが、大きくなると飽きたのか、手余ししたのか捨てる人も多いのは困りものですね。 わが家の近くでもよく目にします。これはミドリガメ。正式名称は「ミシシッピアカミミガメ」というそうです。 要注意…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪中の子ども裸像

楽器を手にしている子どもの裸像がつがる市の地球村にあります。普段見過ごしていた像が、雪の中に立っているのを見たらフォトジェニックのようなものを感じてカメラを向けました。 寒そうですが、雪の中だから「寒そう」を通り越して「オモシロイゾー」(面白い像)となった次第です(笑)。ギリシャ風ですが、ギリシャでは雪は降るのかな{%はてなweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白 岩木山

遠くに変形した山が見えますが、岩木山です。画像ソフトで変形させたのではありませんよ(笑)。普通に撮った写真です。種明かしは・・・ ロードミラーに映った景色です。古いロードミラーなので、凸面鏡が歪んでいたのですね。上の写真は、ロードミラーだと分からないようにトリミングしたお遊び画像です(*^_^*)        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何時でも「ねぶた」

ねぶたと言えば夏の祭り。でも、本物のねぶたを年中見ることが出来る施設があります。その名は「ねぶたの家 ワ・ラッセ」と言って、青森駅の直ぐ目の前にあります。平成23年1月にオープンしたのですが、この度初めて入る機会がありました。 PRチラシによると、正式名称は「青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ」と言うそうです。長いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の弘前公園

今冬の津軽は、例年よりも雪がグンと少なく、楽でいいです(今のところ)。弘前公園へブラリ散歩に行ってみましたら、あちこち雪囲いが目立っていました。 ちょっとアート系の写真になるかと思って、雪囲いの隙間から中を撮ってみました。期待したほどではありませんでしたが。                        そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

申年に因んで

今年は申年ということで、猿の写真を載せましたが、残念ながら野生の日本猿を撮ったことがありません。インドとマレーシアで撮った猿たちです。種類は分かりません。 日本では、町に猿が現われると新聞記事になったりして騒ぎになりますが、これ等の国では自由に走り回っている猿が目につきます。しかも世界遺産となっているお城の中でした。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治 疎開の家

太宰治が旧金木町に疎開していた時の家が、現在も保存されています。昭和20年7月から21年11月まで疎開していました。津軽鉄道 金木駅から中心街(西方)へ向って徒歩5分のところにあります。大正11年に建てられた木造住宅です。 太宰治の生家(現斜陽館)の離れ(新座敷)として、長兄文治の結婚を機に造られたものです。今は記念館ですので、入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積雪ゼロだった12月24日

去る12月24日(木)、津軽は積雪ゼロで快晴だった。その時撮ったのが下の写真です。うん十年もここ雪国に住んでいて、クリスマス・イヴの日に、こんな景色を見たのは初めてです。やはり地球の天候は異変をきたしているのでしょうか。 記録の写真を残しておこうと思って、近くの十字路に出て先ず北の方角を撮りました。               …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「わさお」は今

5年ほど前秋田犬(長毛種)が、ブサかわいいというので有名になりました。「わさお」の題名で映画にもなりました。その後飼い主の菊谷さんが入院した時、毛が抜け落ちて”別犬”になったと聞きました。それで、チョット様子を見に行ってきました。 我が家から車で40分の鰺ヶ沢町です。海岸沿いにある焼きいか店「きくや商店」に「わさおの家」がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬のハクチョウ

今冬もハクチョウが迷わずにシベリアからやってきました。我が家から車で5分のところにハクチョウ飛来地があります。昼はあちこちへエサ探しに行って、夕方に戻ってきます。一昨日は冬とは思えない気温10度で快晴でした。夕方になるとアマカメラマンが三脚を立ててハクチョウたちを狙っていることが多い。               親と子。家族単位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の別れは・・・

「春の別れは藤つつじ 人の別れはただ涙(佐藤春夫)」。では「秋の別れは」何でしょう。ここ津軽では先ず初雪でしょうか。昨日29日早朝、薄っすらと初雪がありました。私の記憶の中では、一番遅い初雪でした。それが直ぐ消えてしまいました。もう一つの「秋の別れ」は、「落下してしまった紅葉」に感じています。 今はもう紅葉を枝に付けている木は、殆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月の南半球へ

南半球は、北半球と季節が逆ですが、11月は日本の何月頃に当たるのでしょう。頭の働きが鈍い私は、時計の文字盤を見たりします。「11」の対角線上に「5」があります。そこで「5月頃だ」と確かめます。これから数か月間は、オーストラリアやニュージーランドへ旅行するにはいい季節です。 それで数年前の11月にニュージーランド(以下NZ)へ行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「だるま太陽」を撮る

日の短い晩秋のこの季節、晴天の日の午後「だるま太陽」なるものを撮ってみようと海岸へドライブしてきました。津軽半島の西側、つまり日本海の夕陽です。                赤い夕空とちょっと高めの波頭。「だるま太陽」が期待される時間です。                    上の写真から6分後。 いよいよもう直ぐです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽為信像

前回のブログ記事「城が動いた」の最後に、弘前藩の藩祖津軽為信像の写真を載せました。その像を設置する様子を撮った写真が古いフォルダの中にありました。桜満開の時で、今の季節に合わないんですが、前記事の関連と記録写真として今回載せました。 「城が動いた」にも書きましたが、為信像は戦前本丸に建っていました。1909年(明治42年)の建立だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城が動いた

正確には「天守が動かされた」です。弘前城の石垣が膨らんでいて、地震などで崩落のおそれがあるというので修理することになりました。修理期間は10年間となる大工事です。 城の天守を移動して工事するなんて、そう滅多にあるものではないでしょう。マスコミも大きく取り上げ、弘前公園の観光客も増加しています。江戸時代から現存している天守は12しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長岡秀星の世界

イラストレーターの長岡秀星氏が去る6月23日に78歳で死去していたことを最近知り驚いています。私は彼の絵が大好きで、30年ほど前に画集「長岡秀星の世界」「長岡秀星の世界・PART2」(日本放送出版協会)を購入し、感動しながら見入っていたものでした。 毎日新聞(10月5日付け)の記事「悼む」欄の見出しに”宇宙描き世界を魅了”とあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線・本州最北端駅

北海道新幹線の開業が2016年3月26日と決定しました。本州最北端の新幹線駅も完成しました。その名は「奥津軽いまべつ駅」といいます。野次馬は、どんな駅か見に行ってきました。 新幹線の駅としてはこじんまりとしたものですが、周囲の環境の中では立派に見えます。たくさんの見物人が来ていましたが、中には入れません。        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松陰が眺めた景色

吉田松陰が22歳の時(1851~1852年)、ロシア船が出没する北方の防備状況を確かめるために、津軽半島の北端まで旅をしたことはよく知られています。その足跡を記念する石碑などが、あちこちに建てられています。                (タテ位置の画像が、何故かヨコ位置でアップされています。)と当初書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more