星空に星座線入れる(その3)

「はくちょう座」は夏の星座ですが、12月、1月上旬でも西空に沈むところを観ることができます。真夏なら「夏の大三角」として天頂を見上げることになりますが、今なら西空に張り付いていて写真にも撮りやすい。 下の写真は、まるで十字架が立ちあがっているみたいです。聞き慣れない言葉ですが「北十字星」と呼ぶ向きもあるようです。この写真を撮ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more