アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行」のブログ記事

みんなの「旅行」ブログ

タイトル 日 時
芸達者な象
芸達者な象 11月10日(木)、昨日降った初雪がまだ庭に残っています。数年前の今日、この寒い日に「微笑みの国」タイへ出発したことを思い出しています。毎日気温が35度もあるタイで、最初に触れ合った(?)のが、心を暖かにしてくれる象さん達でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/10 18:25
紅葉の十和田湖
紅葉の十和田湖 十和田湖の紅葉は、10月下旬が最高の見頃となります。湖畔からの眺めはとても美しいですが、船に乗って水上から見る景色も又素晴らしい。以下の写真は、晴天の日に船上から撮ったものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/30 16:18
SL銀河、奥羽本線を走る
SL銀河、奥羽本線を走る 今月17日(土)、19日(月)の両日、弘前駅ー青森駅間(奥羽本線)をSL列車が走りました。北海道新幹線開業や東北復興に関連した観光宣伝として行ったものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/20 18:25
津軽のピラミッド?
津軽のピラミッド? ピラミッドの形に似た山が、国内あちこちに在るようです。津軽北部にも均整のとれた山があり、「靄山(もや山)」と呼ばれています。五所川原市脇元地区の日本海沿いにあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 15:14
人を撮る(その2)
人を撮る(その2) 人物が写っている写真は、「一期一会」のものですね。それだけに忘れ難く、思い出深きものがあり、愛着を感じます。「人を撮る」というタイトルでは2度目の記事になりますが、海外ツアーで撮った写真を並べてあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/20 17:49
美人の立佞武多
美人の立佞武多 五所川原市の立佞武多(たちねぷた)は年々人気が上昇。新作のテーマは「歌舞伎創生 出雲阿国」で、とても美しかった。ねぷたの絵姿と言えば、目の吊り上がったイカツイ武将などの顔が多い中、出雲阿国は異彩を放っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/10 15:37
盛岡城跡の石垣
盛岡城跡の石垣 南部藩(20万石)の居城だった「盛岡城」は、現在「盛岡城跡公園」となっています。天守など建造物は無く、特に景観の良いポイントは、あまり有りませんでした。ただ、残されている数々の石垣は、目を見張る素晴らしいものでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/30 18:20
「田んぼアート」2016
「田んぼアート」2016 全国的にもすっかり有名になった青森県田舎館村の「田んぼアート」が見ごろとなりました。今年のテーマは大河ドラマ「真田丸」です。山本耕史の石田三成と草刈正雄の真田昌幸の姿が田んぼいっぱいに広がっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/20 14:00
ドイツの奇岩群
ドイツの奇岩群 ドイツに、こんな奇岩が林立している名所があるとは全然知りませんでした。ドイツの東端がザクセン州で、州都はドレスデンです。その近郊に巨大な奇岩が立ち並んでいる所があります。エルベ川のほとりにあって、その名は「ザクセン・スイス」といいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/10 18:15
「津軽白神湖」って、どこ?
「津軽白神湖」って、どこ? 「津軽白神湖」という言葉、津軽人でもあまり耳慣れてないと思います。それは津軽地域の南西部に位置する西目屋村(人口約1,600)にあります。以前「美山湖(みやまこ)」と呼ばれていたダム湖が、3.6倍の貯水量になるのを機に4年前に「津軽白神湖」と命名されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/10 21:01
弘前のりんご公園
弘前のりんご公園 桜の名所、弘前公園の桜祭りは5月5日までですが、その頃になると殆ど葉桜になることでしょう。そこでバトンタッチするのが「弘前市りんご公園」です。「桜の公園」は全国至る所にありますが、「りんごの公園」は数少ないと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/04/30 21:03
草間彌生のアート
草間彌生のアート この度、十和田市現代美術館を再び訪れる機会がありました。「前衛の女王」の異名のある彫刻家・画家 草間彌生の作品が、美術館前のアート広場に常設されていますので、今回はじっくり鑑賞してきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/20 15:37
三大がっかり名所
三大がっかり名所 旅先でガイドさんが、「日本三大がっかり」と言われている名所があると教えてくれました。札幌の時計台、高知のはりまや橋、那覇の守礼門だそうです。この三か所へは行ったことがありますので、「そういえばそうかな」と思いました。ネットで調べてみたら、「世界三大がっかり名所」もありました。(^○^) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 18:22
何時でも「ねぶた」
何時でも「ねぶた」 ねぶたと言えば夏の祭り。でも、本物のねぶたを年中見ることが出来る施設があります。その名は「ねぶたの家 ワ・ラッセ」と言って、青森駅の直ぐ目の前にあります。平成23年1月にオープンしたのですが、この度初めて入る機会がありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 15:52
申年に因んで
申年に因んで 今年は申年ということで、猿の写真を載せましたが、残念ながら野生の日本猿を撮ったことがありません。インドとマレーシアで撮った猿たちです。種類は分かりません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/20 18:25
太宰治 疎開の家
太宰治 疎開の家 太宰治が旧金木町に疎開していた時の家が、現在も保存されています。昭和20年7月から21年11月まで疎開していました。津軽鉄道 金木駅から中心街(西方)へ向って徒歩5分のところにあります。大正11年に建てられた木造住宅です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/10 18:21
「わさお」は今
「わさお」は今 5年ほど前秋田犬(長毛種)が、ブサかわいいというので有名になりました。「わさお」の題名で映画にもなりました。その後飼い主の菊谷さんが入院した時、毛が抜け落ちて”別犬”になったと聞きました。それで、チョット様子を見に行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/20 20:10
11月の南半球へ
11月の南半球へ 南半球は、北半球と季節が逆ですが、11月は日本の何月頃に当たるのでしょう。頭の働きが鈍い私は、時計の文字盤を見たりします。「11」の対角線上に「5」があります。そこで「5月頃だ」と確かめます。これから数か月間は、オーストラリアやニュージーランドへ旅行するにはいい季節です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/20 23:14
津軽為信像
津軽為信像 前回のブログ記事「城が動いた」の最後に、弘前藩の藩祖津軽為信像の写真を載せました。その像を設置する様子を撮った写真が古いフォルダの中にありました。桜満開の時で、今の季節に合わないんですが、前記事の関連と記録写真として今回載せました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/03 18:08
城が動いた
城が動いた 正確には「天守が動かされた」です。弘前城の石垣が膨らんでいて、地震などで崩落のおそれがあるというので修理することになりました。修理期間は10年間となる大工事です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/20 21:28
新幹線・本州最北端駅
新幹線・本州最北端駅 北海道新幹線の開業が2016年3月26日と決定しました。本州最北端の新幹線駅も完成しました。その名は「奥津軽いまべつ駅」といいます。野次馬は、どんな駅か見に行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/30 18:27
松陰が眺めた景色
松陰が眺めた景色 吉田松陰が22歳の時(1851〜1852年)、ロシア船が出没する北方の防備状況を確かめるために、津軽半島の北端まで旅をしたことはよく知られています。その足跡を記念する石碑などが、あちこちに建てられています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/20 21:18
懐かしの外人教師館
懐かしの外人教師館 弘前市にはレトロな洋館が数多く残っています。そのうちの一つに「旧・東奥義塾外人教師館」があります。今は県重宝となって市が管理しています。何故懐かしいかというと、私が学生時代に数年間週1度ここを訪れていたものですから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/10 21:19
人を撮る
人を撮る 風景を撮っていると、人の姿が邪魔になることがあります。逆に人が入っていることで、写真が引き立つこともあります。初めから人物を狙って撮ると、肖像権の問題があったりして難しいですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/30 18:12
2015年の「田んぼアート」
2015年の「田んぼアート」 青森県田舎館村の「田んぼアート」は、今年もまた素晴らしい出来栄えです。昨年の「富士山と羽衣伝説」は天皇・皇后両陛下もご覧になられました。今年は国際的にも名を広めようと、アメリカ映画「風と共に去りぬ」がテーマになっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/09 17:51
竹生島(ちくぶしま)
竹生島(ちくぶしま) 竹生島は琵琶湖にあります。琵琶湖に四つも島があるなんて知りませんでした。日本一大きくて有名なこの湖は、列車の車窓からチョット眺めたことがあるだけだったものですから。それで長浜市からフェリーで竹生島に上陸(?)した時は、外国に来た気分でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/30 18:22
今シーズンの初スキー
今シーズンの初スキー 都合により今年はスキーに行けなかったのですが、3月中旬晴れ上がった日、ようやく「ナクア白神スキー・リゾート」へ行ってきました。こんな遅い時期の初スキーは初めてです。スキーはいいですね。身も心もスカッとします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/20 18:17
整列している木箱
整列している木箱 木箱が綺麗に整理整頓(?)されている光景を見たことがありますか。アップで写真に撮ったら連続模様にも見えます。これは何に使う箱でしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/02/28 18:28
この季節の八甲田山
この季節の八甲田山 去る16日(月)NHK・BS3の番組「にほん百名山」で秋の八甲田山が放映されていました。紅葉の八甲田山は実に美しい。では、次は何時がいいか。ぼくのお薦めは、2月中旬から3月下旬までの八甲田山です。ただし樹氷とスキーと写真に興味のある方に対してですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/18 18:05
「ア、見えた!」の歓声
「ア、見えた!」の歓声 正月早々、津軽では連日の大雪でぼくは閉じこもり状態です(-_-;)。ここで憂さ晴らしに旅行中「ア、見えた!」と一斉に歓声の挙がった光景を思い出してみます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/10 18:04
電飾の季節
電飾の季節 クリスマスとは直接関係ないのでしょうが、この季節毎年あちこちで華やかなイルミネーションを見ることができます。このタイミングで、今年3月に佐世保市の「ハウステンボス」で撮った電飾の写真を載せてみます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/20 18:11
カナダの紅葉
カナダの紅葉 東北の紅葉は終わりになり、今紅葉前線は西日本あたりでしょうか。紅葉のブログ記事が続いたここで、数年前に訪れたカナダの紅葉を思い出しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/20 18:04
紅葉と渡り鳥
紅葉と渡り鳥 この季節、北から飛来する冬鳥は、日本の紅葉をも楽しみにしながら渡ってくるんじゃないかな、と思ったりする。先日、その「紅葉と渡り鳥」の両方を欲張って観てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/10 16:46
初めての天橋立
初めての天橋立 前回の記事「竹田城」へ行く途中、「天橋立」に駆け足で立ち寄ることができました。「日本三景」の一つで、日本人ならだれでも知っている超有名な景勝地ですが、初めてなのでやはりワクワクしますね。(^^♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/20 17:48
天空の城 竹田城
天空の城 竹田城 「天空の城」「日本のマチュピチュ」などと言われて一躍有名になった「竹田城跡」をチョット見てきました。その場所は兵庫県朝来市(あさごし)の和田山町竹田地区にあります。全国的には無名の町、無名の城跡に観光客がわんさと押しかけるようになったのは、「天空の城」などのキャッチコピーが利いたのが一因かも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/10 21:25
国道339号
国道339号 国道339号の沿線にぼくは住んでいます。「339」って小学校で習った「九九」を思い出させる数字ですね。この国道は弘前市を起点として、津軽半島の北端「竜飛崎」がある外ヶ浜町に通じています。約108キロの距離があり、楽しみながら気軽にドライブ出来るコースだと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/10 16:28
北欧のロダン
北欧のロダン ノルウエーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲラン(1869〜1943)という人は知りませんでした。オスロの「フログネル公園(彫刻庭園)」にヴィーゲランが制作した彫刻が192点あり、その素晴らしさに感嘆しました。「北欧のロダン」と呼ばれているそうですが、見る人によってはロダン以上だと思うかも知れません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/30 18:16
真夏の雪だるま
真夏の雪だるま 8月いっぱいまで、雪だるまが見られる所があります。その名は「低温熟成施設」といいます。青森市の浪岡駅(JR奥羽線)の駅前にあります。季節外れの雪だるまは面白いんですが、室内は寒いですよ。零下5度ですから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/10 17:21
2014年の「田んぼアート」
2014年の「田んぼアート」 青森県田舎館村の「田んぼアート」が、今年も見ごろとなりました。このブログに書くのも7回目になります。今年のテーマは、富士山が世界遺産になったことに因んで「富士山と羽衣伝説」となっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/30 16:05
トロッコ電車に乗る
トロッコ電車に乗る テレビで黒部峡谷をトロッコ電車(列車)が走っている映像を見ました。窓のない客車から乗客は雄大な山々と渓谷の景観を楽しむことができます。「いいな〜、一度乗ってみたい」との思いが、前回記事「室堂 散策」の延長で実現しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/21 16:15
室堂 散策
室堂 散策 先週、「立山黒部アルペンルート」の室堂を少し散策してきました。立山駅(475m)から美女平(977m)まで立山ケーブルに乗る。そこからハイブリッド車の高原バスに乗って室堂(2450m)に到着。下の写真は、車窓から撮った立山連峰の一部です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/10 16:32
一味違う美術館
一味違う美術館 その名は「十和田市現代美術館」。NHK・Eテレの日曜美術館で紹介されてから、一度行ってみたいと思っていたところ、この度ようやく行く機会がありました。そのユニークさには、並の美術館では味わうことの出来ない楽しさがあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/20 18:00
小説「津軽」の像
小説「津軽」の像 小説のタイトルが銅像の名になっているのは、珍しいのではないでしょうか。その像が北津軽郡中泊町にあります。太宰治が小説「津軽」の中で書いた、越野タケさんとの再会場面を銅像にしたものです。太宰の子守役だったタケさんが、旧小泊村に嫁いできたお陰で、村の知名度もぐ〜んと上がることになったわけですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/11 15:14
弘前の庭園
弘前の庭園 桜で有名な弘前公園は、よく知られていますが、弘前市には素晴らしい庭園があることは全国的には「知る人ぞ知る」という感じかも知れませんね。その名は「藤田記念庭園」といいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/20 21:07
北限の梅
北限の梅 江戸端唄に”梅は咲いたか 桜はまだかいな〜♪”という詞がありますが、ここ津軽では両方同時に咲きます。昨日、弘前公園の桜が満開になりました。梅の花も開花しているのですが、桜のようにあまり話題にならないのが憐れなところです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/28 17:46
九州の離島で
九州の離島で 先週、長崎県の壱岐島と福江島(五島列島)へ行ってきました。離島ですから、どうしても海が見える風景にカメラが向きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/10 18:27
十和田湖の氷
十和田湖の氷 2月下旬、「冬の十和田湖」へ行ってきました。紅葉の十和田湖へは何度も行きましたが、冬季は初めてです。この時期の見ものは湖面の氷、それも「しぶき氷」が写真愛好家に人気です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/01 15:33
千本の鳥居
千本の鳥居 鳥居が蛇のようにくねって立ち並んでいる所が青森県にあります。「千本鳥居」と呼ばれているパワースポットになっていて、「知る人ぞ知る」というような場所です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 18:28
ちょっと函館へ
ちょっと函館へ 3年後には新幹線が函館まで延びます。その前に友達が函館へ行こうというのでついて行きました。情緒あふれる函館、いいですね。早足でちょっとだけまわってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 16:55
日本キャニオン
日本キャニオン アメリカの「グランドキャニオン」なら誰でも知っていますが、「日本キャニオン」ですって?さて、どこにあるのでしょうか。ちゃんと地図にも載っていますよ。知る人ぞ知る、青森県は深浦町にあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/10 21:15
雨の景勝地
青森県の10月は紅葉の季節です。上旬の八甲田山系から下旬の十和田湖へと観光客が押し寄せます。10月は気持ちいい晴天の多い月ですが、お天気には勝てません。この写真の人たちは、雨の中で何処を眺めているのでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/28 17:18
弘南鉄道 大鰐線
最近、弘前市と大鰐町を結ぶ私鉄「弘南鉄道 大鰐線」を3年後に廃線にすると会社が発表し、大騒ぎになりました。乗客が減少して赤字続きなものですから。その後行政や関係者たちの話合いの結果、廃線は撤回されたので利用者の皆さんはほっとしていることでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/30 18:28
2013年の「田んぼアート」
青森県田舎館村の「田んぼアート」が只今見ごろになっています。毎年その出来栄えに、来場者は皆感嘆の声を上げますが、今年も素晴しい仕上げになっています。このブログに載せるのも6回目になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/07/20 16:53
巨大「遮光器土偶」
遮光器土偶を巨大モニュメントにして、外壁にくっ付けてしまった駅舎があります。青森県はつがる市の木造駅(五能線)です。「もくぞう」ではなくて、「きづくり駅」と読みます。モニュメントの高さは17.3mあります。この奇抜な駅舎は、「亀ヶ岡文化」発祥の地であることを誇りに思う市民の気持の現われですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/04/30 17:27
歪む「八甲田丸」
青函連絡船として昔活躍した八甲田丸(5382トン)は、現在青森駅近くの岸壁に繋がれています。アレレ、この船歪んでいます。廃止になってから25年も経ったから、変形したのかな?違います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/04/20 15:04
光のファンタジー
この1月、青森駅前の青森ベイエリアを主会場にして、「あおもり光のファンタジー」のイベントが行われました。「あおもり灯りと紙のページェント」「光の散歩道」「あおもり雪灯りまつり」と銘打った会場は、冬の夜を楽しむ沢山の人々で賑わっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/29 18:19
小物お土産
観光旅行の楽しみは、「光を観ること」と共に「食べること」と「買うこと」ですね。ツアーには必ずショッピングの時間が組み込まれています。宝石店や絨毯店などに連れて行かれると、ぼくは買うものも欲しいものも無く、ただブラブラしているだけです。買うとしたら、チョッとした記念になるもの・・・それは小物お土産です。(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/19 18:10
タイの首都バンコク
チェンマイからスコタイ、アユタヤと南下して、ここでクルーズ船に乗ってチャオプラヤ川を下りバンコクに着きました。バンコクは人口800万余の大都会です。広大なチャオプラヤ川は昨年大洪水となって、タイの人たちを悩ませました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/10 18:17
寺院と美人の国タイ
「微笑みの国タイ」と言われていますが、「寺院と美人の国」でもありました。日本と同じ仏教国なのに、お寺の雰囲気は全く違っています。外観も内部も派手に装飾されてあり、南国ならではの造りなのでしょうか。それに呼応するかのように女性たちも又美しいこと! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/27 16:14
象が絵を描いたゾー!(・・?
「絵を描く象がいる」ということは耳にしたことありますが、ホントかなと思っていました。それが目の前で実演されると、ただ驚きです。今月の中旬、タイはチェンマイ市の象訓練所(メーサー・エレファント・キャンプ)を見学した時のことです。それも複数の色を使っての具象画だったのです。!! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 17:54
屋内にりんご大樹が!
「青森市浪岡交流センター」(愛称あぴねす)という施設を最近知りました。何処に在るかというと、JR浪岡駅が大改築されて、駅がこの施設の中の一部になっていました。そして「あぴねす」の大ホールには、度肝を抜くような大きなりんごの木が設置されていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/08 15:18
10日遅れの紅葉
青森県の八甲田山の紅葉は、例年10月10日前後が見ごろとなります。昨日カメラを携えて行って見ましたら、まだクライマックスではなかったですね。8月、9月の異様な暑さのため葉っぱの色付きが遅れているみたいです。途中の城ヶ倉大橋からの景観は、まだ緑が勝っていました。今度の週末あたりが見ごろとなるようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/17 17:32
THE BEATLES
一昨日の10月5日は、ビートルズがデビューしてから丁度50年目に当たるとのこと。当日NHK・BS1で「ビートルズを1000倍楽しもう」と銘打って、「エル・ムンド」を2時間に延長した特別番組が放送されました。リバプールからの生中継もあり、大いに堪能しました。観ていて、2010年7月にリバプールへ行ったときの記憶が蘇りました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/07 20:29
難読「王余魚沢倶楽部」
青森市の浪岡地区に「王余魚沢小学校」いう名の学校がありました。9年前に廃校になって、今は「王余魚沢倶楽部」の看板が掲げられています。ここのPRチラシに「日本一の難読アートサイト カフェ&ショップ」と書かれています。さて「王余魚沢」は何と読むのでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/26 16:29
ハスの群生、只今満開
津軽地方で最も有名なハスの群生が只今満開になっています。ここは平川市の猿賀(さるか)神社を主体としている公園です。昨日は平日にもかかわらず沢山の観光客が訪れていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/08 18:01
2012年の「田んぼアート」
今年も又、年々評価の高まっている「田んぼアート」が見ごろとなりました。場所は青森県田舎館村。このブログに取り上げるのも5回目となります。今年のテーマは「悲母観音と不動明王」です。期待を裏切らない見事な出来ばえです。必見! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 14:58
癒しの国マレーシア
テレビで「癒しの国マレーシア」という特集番組を見て、マレーシアへ行ってみたくなりました。5月下旬、シンガポールとセットの7日間ツアーに参加しました。最初に訪れた所は、「東洋の真珠」と言われているペナン島です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/29 15:02
ウミネコ繁殖地
ウミネコの繁殖地は、全国に10箇所ほどあるそうですが、人が入り込んで観察できるのは八戸市の「蕪島(かぶしま)」だけ。只今繁殖の真っ最中です。約3万羽のウミネコで賑わっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 17:35
見上げる
東京スカイツリーが5月22日に開業しました。たまたまその前日、東京に居たので「時の話題」につられて見物がてら行ってみました。ぼくと同じ考えの人は多いとみえて、周囲には人がいっぱい。開業後は当分予約制といっても、どんなに混雑することやら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 17:27
異国の人々 U
「異国の人々 T」の続きです。絵画と写真は共通点が多い。風景画や静物画と共に、人物画も描ける人は、本当に絵の上手い人だと思います。人物を違和感無く描くことは、風景を描くよりず〜と難しいのではないでしょうか。写真でも同じことが言えるような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/17 18:05
異国の人々 T
美しい景色を見ると直ぐカメラを向けたくなるのは人情というものでしょう。でも、風景写真ばかり撮っているとチョッと飽きてきますね。既視感(デジャヴ)のある写真が溜まってくるからでしょうか。その点、人間を撮ると変化があって面白くて飽きないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 18:02
2本の枝だけ桜満開
弘前公園の桜まつりが4月23日(月)に開幕しました。四日目の昨日、チョッと行ってみました。今冬の大雪と低温のせいで、殆どがツボミのままです。その中で、2本の枝だけが満開(!)でした。何故でしょう。(?_?) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 16:54
八甲田山「雪の回廊」
4月1日に「八甲田・十和田ゴールドライン」(国道103号)が開通しました。「雪の回廊」として人気がありますが、私は一度も通ったことがなかったんです。去る5日にようやく青空が覗いたので、さっそく出かけてみました。今冬は豪雪だったので雪の壁は例年より2, 3メートル高いそうです。圧巻です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/07 15:10
陳列
観光旅行は名所見物にプラスして、買い物が又楽しみなんですね。どんなツアーでも、行く先先でバスから降りると、トイレを済ましたあとは、皆さんワァーと売店へ足が動く。まるで買い物に来たみたいな人もいますね。ぼくは余り買いたい物が無く、店頭で興味を惹かれたものを写真に撮ったりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 18:01
こけしの燈籠
青森県黒石市の奥座敷「温湯温泉(ぬるゆおんせん)」。ここは「津軽系こけし」の発祥の地として知られている。毎年年末年始には、ここで「日本一のこけし灯ろう祭」が行なわれている。温泉街に立ち並ぶ「こけし灯」は、綺麗かつ壮観である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/10 17:43
動物王国インド
広大なインドの一部をチョッと覗いただけで、「動物王国」の言葉を使うのは早合点かも知れませんが、動物の姿を至る所で目撃できます。先ずは何と言ってもインドは「牛の国」として有名ですが、実際道路上に寝そべっている牛は、日本の日常性からあまりにもかけ離れた光景です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/16 16:51
何てたってタージ・マハル
先月の下旬、インドへ行ってきました。「7大世界遺産めぐり」が売りのツアーでしたが、以前から知っていた名所はタージ・マハルだけでした。他の6遺跡は、インドの方には悪いけど初めて聞く名ばかりで、帰宅してからも「アレ、あそこは何という名称だったけ」という具合です。それで、何てたってタージ・マハルなんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/06 16:15
愉快な人形劇「金多豆蔵」
「金多豆蔵」は、津軽弁で「きんた、まめじょ」といいます。私が子どものころ(戦前)からの津軽では有名な人形劇です。金多と豆蔵がオール津軽弁で話します。気取りのない「純粋な津軽弁」を使っているので、特に他県からの旅行者にとっては、「はるばる遠いところまで旅行に来てるんだ」という実感を持てると思いますよ(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 18:06
クレヨン画に癒される
油彩ではなく、水彩でもなく、クレヨンを使って描いた大きな絵!初めて見て驚きました。それは廃校になった小学校の黒板に描かれてありました。場所は青森県黒石市の大川原地区にある旧小学校の教室です。作者は青森市出身の孫内あつし(70)画伯です。孫内さんは八王子市に住んでいますが、この旧校舎の一室をアトリエにし、年3回ほどここに寝泊りしてクレヨン画を描いているそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/10 18:11
岩木山十二景
岩木山(1625m)は津軽平野の何処からでも眺められます。ただ、場所によって形がかなり変化します。それが又面白いところだと思うんです。富士山のように何処から見ても、大体同じ形よりも楽しいんじゃないですか。次の写真は、弘前方面からの姿しか知らない人は、「アレ?これ何処の山?」と思うかも知れませんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 18:21
海外で会った鳥たち(その2)
海外で会った鳥たち(その1)の続きです。前回と同じく鳥の名に自信が無いものもありますので、正しい名称をご存知の方はコメント欄にご記入くだされば有難いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/29 15:43
海外で会った鳥たち(その1)
バードウォッチングを趣味にしていると、旅行中に鳥が目に入ると「アッ、あれは何の鳥だろう」と直ぐ関心が向く。近くにいる鳥にはカメラを構えたくなる。「探鳥ツアー」に参加したことはないが、これまでたまたま出会った鳥を撮っていたら、鳥の写真がいくらか溜まっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/19 18:22
芦野公園
五所川原市金木町にある芦野公園は、昔から「観桜会」が開催されていて、青森県内では弘前公園に次ぐ桜の名所である。しかし「第二」の悲哀のため、あまり有名ではなかったが、太宰治がよく散歩に訪れていた公園として広く知られるようになった。今は公園内の整備も進められ、他県からの観光客も増えている。                       太宰治の立像 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/08 16:11
津軽の「賽の河原」
青森県には「賽の河原」が四箇所ある。その一つが下北半島の「恐山」で、全国的に有名である。他の3箇所は津軽地区にある。賽の河原は独特な雰囲気に包まれた霊場のためか、目に見えない霊気に惹き付けらて訪れる写真愛好家が多い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/08/09 17:54
乗馬トレッキング in モンゴル
馬に生まれて初めて乗った。それもただ乗っかったのではなく2時間もパカパカと。モンゴルの草原なのでパカパカとは音がしなかったけど楽しかった。ゲル宿泊体験と乗馬体験はモンゴル観光の大きな目玉なんですね。どちらも大自然の中なので気分爽快です。一度試してみる価値はあります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/29 18:02
2011年の「田んぼアート」
青森県津軽平野の南部にある田舎館村(人口約8,400人)の「田んぼアート」が今年も見ごろになりました。年々その図柄はきめ細かになり、更に稲の色に「オレンジ色」と「深緑色」が加わり7色になりました。その見事さにただ感嘆するばかりです。テーマは「竹取物語」です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/19 17:30
ゲル宿泊体験
モンゴルの移動式住居「ゲル」に2泊して来ました。旅行と言えばホテルや旅館に泊まるのが普通ですが、写真でしか見たことないゲル(中国語ではパオ)って、どんなモノか興味がありました。大草原の中で2夜を過ごす「非日常」は忘がたいものになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/07 16:46
アーミッシュ;究極のエコ社会
「アーミッシュ(Amish)」という言葉は、日本では殆ど耳にすることはない。数十年前アメリカはペンシルバニア州へ行ったとき時、初めて彼等の存在を知った。自給自足の宗教集団の人たちの呼び名で、プロテスタントの一派だという。何よりも驚いたのは、現在でも電気も自動車も使用しない生活を送っていることであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 21:27
2万8千年前の埋没林
青森県つがる市に2万8,000年前の埋没林がある。出来島(できしま)海岸に沿うて約1kmの長さわたっている。赤褐色の泥炭層がむき出しになっている景観は、チョットした見もので写真愛好家もよく訪れる当市の観光スポットになっている。次の写真は10年ほど前に撮ったものであるが、先日行ってみたらかなり変貌していた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/10 17:23
続・菜の花満開
「桜前線」というけれど、「菜の花前線」もあると思う(誰も使っていない言葉だけど)。青森県は只今菜の花の開花真っ最中です。十三湖へのドライブの帰路、ふと左に目をやると一面の菜の花畑が目に入りました。これは立ち寄らないわけには行きません。そこは鯵ヶ沢町建石地区でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/28 17:05
ミズバショウと残雪
青森市浪岡地区にある「県民の森、梵珠(ぼんじゅ)山」は、まだ残雪に覆われているが、ミズバショウが咲き始めた。ミズバショウと残雪の組み合わせの眺めは、長い冬が過ぎていよいよ春なんだという思いを抱かせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/20 16:07
映画「津軽百年食堂」&「わさお」
只今、津軽でロケした映画が2本、時を同じくして上映中である。1本は、青森県でベストセラーとなった本「津軽百年食堂」を映画化したもの。もう1本は、数年前にブログに載って話題となり、次第にその名が全国的に広まった「不細工な犬」わさおを主人公に仕立てた映画。どちらも青森県人にとっては必見かも。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/08 18:01
春先のリンゴ園
津軽のリンゴ園は、まだ一面の雪に覆われている。リンゴ園で始まる最初の農作業、それは「剪定(せんてい)」である。普通、「枝切り」と言っている。観光シーズンでもないこの時期、旅人が滅多に見ることの無い風景を写真に撮った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/28 18:20
立佞武多(たちねぷた)早や完成
青森県五所川原市の「立佞武多祭り」(8月4日〜8日)に出陣する新作が3月早々に完成した。タイトルは「義経伝説・龍馬渡海(りゅうばとかい)」。義経が津軽海峡を龍馬で渡る場面だという。高さが22メートルあり、最後のパーツを組み立てるところを撮影した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/03/17 16:23
頑張れ!大鰐温泉スキー場
青森県大鰐町の「大鰐温泉スキー場」は、町の財政難のため今シーズンの開業が危ぶまれていた。それが町議会の1票差で開業を決定。ゲレンデ数を半分に縮小してリフトを動かしているが、昨年以上の人出で関係者をホットさせている模様。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/06 17:51
巨大ツララ
「ツララ」と言えば、普通「家の軒」を連想するが、これは断崖の斜面に盛り上がる一風変わったツララである。この断崖は、水を通しやすい地層のため、目立たないが夏期でも水が染み出ている。それが厳冬になると「氷のカーテン」と化す。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/27 17:39
アンコール・ワット
アンコール(Angkor)は「町」、ワット(Wat)は「寺」の意だそうな。誰でも耳にしたことのある「アンコール・ワット」とは「寺の町」という意味だった。12世紀後半にヒンズー教寺院として建立され、16世紀に仏教寺院に改修されたという。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/06 16:28
ハロン湾の絶景
ベトナムの首都ハノイから東へ車で3時間の所にハロン湾(Ha Long Bay)がある。大小3000の島々、奇岩が点在している湾で、その美しさと雄大さに思わす息を呑む。広さは約1,500km2もあり、1994年に世界遺産に登録されている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/15 18:01
全線開業の東北新幹線
一週間の旅行を終えて、津軽の自宅に帰る日が偶然にも「東北新幹線の全線開業」の12月4日。これはラッキー。全線開業日に乗車したという思い出が残る。それが何というアンラッキー!福島付近の強風のため運休や大幅遅れなどでダイヤが大混乱となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/12/05 18:14
日本一の大イチョウ
青森県深浦町北金ヶ沢に巨木のイチョウがある。樹齢千年以上、高さ31m、幹周り22mで、国の天然記念物に指定されている。最近は人気が高まり、訪れる観光客が多くなているという。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/24 18:06
続・新幹線の新青森駅
来る12月4日に新幹線の新青森駅が開業となる。今日はジャスト30日前。さて、どんな状況になっているか、再び「どれどれ」と野次馬よろしく「偵察」して来た。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/04 21:28
八甲田山の紅葉
八甲田山の紅葉は例年10月10日頃に見ごろとなる。今年の夏の猛暑のため、1週間ほど遅れていると聞いたので今日行ってみた。う〜ん、チョッと遅すぎた。「風聞」は無視して、やはり八甲田山へは10月10日前後に行くのが正解だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/18 18:13
飛鳥U、青森港に入る
昨日、日本籍で最大の客船「飛鳥U」が、横浜から青森港の中央埠頭に接岸した。目的は、もちろん青森のねぶた見物。この日の青森市は11年ぶりに気温36度を記録した。乗船客は、北国での避暑も期待していただろうに、さぞ驚いたことだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/07 18:24
2010年の「田んぼアート」
青森県田舎館村(人口8,455人)の「田んぼアート」は今年も見ごろを迎えた。「小さな村の大きなアート」は年々有名度を増し、今年はついに海外のメディアも取材にやって来た。第18回目の題材は「弁慶と牛若丸」である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/27 18:12
タワー・ブリッジ開く
「あ、タワー・ブリッジが開いている!」。ガイドさんが、やや興奮した面持ちで指差した。20年間ロンドンに住んでいる日本人ガイドさんだが、この橋が開くところは何度も見てないという。「あなた達は本当にラッキーです」なのだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/20 17:17
ストーンヘンジ
ロンドンの西方約200kmのところにある有名な環状列石ストーンヘンジは不思議な空間である。これらの巨石はBC2500年からBC2000年の間に造られたと考えられている。大平原の真っ只中に立つ巨石群の異様さは、人々の好奇心を惹かずにはいられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/12 16:35
ナイアガラの「霧の乙女号」
ナイアガラの滝壺近くまで観光客を運ぶ遊覧船の名は「霧の乙女号」(MAID of the MIST)という。乗船料金10$。所要時間約20分。滝の迫力、スリル、壮観さを目の前で味わうことが出来るので大人気である。次の写真は展望タワー(159m)から撮影。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/16 17:58
新幹線の新青森駅
新幹線の線路が青森市まで延びた。駅舎はほぼ完成し、駅舎周辺の工事が進んでいる。開業は12月5日になるらしいと報じられている。だとすると丁度あと7ヶ月。立派に見える駅舎を新聞、TVで何度か見ているが、「どれどれ」と野次馬よろしく「偵察」して来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 18:04
寂しげな胸像
浅所海岸(青森県平内町)のハクチョウは、昭和29年3月に国の特別天然記念物に指定されている。畠山正光氏(1904-2000)のハクチョウへの愛情と熱心な餌付けによって浅所は一大ハクチョウ飛来地となった。その功績を讃えて、岸辺には畠山氏の胸像が建てられている。そしてハクチョウの姿のまばらな今、彼の胸像はとても寂しげに見えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/09 18:24
大館アメッコ市
秋田県大館市の「アメッコ市」が、2月13日、14日に開催された。毎年2月の第2土曜日と翌日に大館の商店街「おおまちハチ公通り(旧大町中央通り)」で行なわれる。400メートルほどの通りに100店以上の露店が並ぶ一大行事である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/15 15:45
スキーシーズンたけなわ
今冬は「暖冬小雪」の予報だったが、あに図らんや「厳冬大雪」となった。一番喜んでいるのは多分スキー場。ここ青森県のナクア白神スキー場(旧鯵ヶ沢スキー場)は現在120cmの積雪。北斜面なので雪質が良く、最高のコンディションである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/15 16:38
雪中のリンゴ
去る12月15日、津軽平野に降った雪はその後連日降り続き、やはり「根雪」となった。それで「雪中のサザンカ」に続いて「雪中のリンゴ」の写真を撮ることにした。現在リンゴの収穫は終わり、何処のリンゴ園にもリンゴはなっていない。ところが雪の中、リンゴを鈴なりになったままにしている所がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/25 17:16
海を渡る水牛車
沖縄県西表島の東岸400mの地点に小さな島がある。その名を由布島(ゆぶじま)という。そこの海は浅くて、普段海水は膝の下、満潮時でも1mくらい。そこで由布島へ観光客を運ぶ水牛車が大活躍している。水牛が牽く車に乗って、ゆっくり海を渡る。趣きがあって楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/27 11:15
桃洞の滝&三階滝を撮る
北秋田市森吉地区には、数々の滝が連なっている。24日(土)、25日(日)の両日、素晴らしい秋晴れの下、桃洞(とうどう)の滝と三階滝を撮影に出掛けた。この二つの滝は、直線的に落ちる滝とは違って形に特色があり人気が高い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/26 17:49
高見盛関、故郷に帰る
大相撲の人気者、高見盛関が生まれ故郷の青森県板柳町のイベントに姿を現した。第10回記念大会になる「板柳・まるかじりウォーク2009」に同じく板柳出身の陸上の副士加代子選手と共にゲスト参加し、サイン会やトークショーなどで参加者たちを喜ばせていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/15 16:34
かかしの里
青森県鯵ヶ沢町の中村地区に毎年この時期、「かかしの里」が出現する。看板代わりの「ジャンボかかし」とテーマを持つ「オリジナルかかし」が、中村バイパス沿いに61基(本?)ずらりと並び、通りかかるドライバーたちの目を楽しませている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/05 16:12
2009年の「田んぼアート」
青森県田舎館村の「田んぼアート」は、年々技術が向上し、年々人気が高まっている。今丁度見ごろとなった。今年の題材は、「戦国武将とナポレオン」。緑色を背景として両者の勇姿が見事に浮き上がっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/23 17:23
つがる地球村森林公園
青森県つがる市に森林公園があるとは!!知らなかった。それは森田地区(旧森田村)にある「つがる地球村」に隣接している。広さは約8ヘクタール。中にあずまやがあり、1036mの歩道が整備されている。自然に触れながら、チョッと散歩するのに最適な場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/10 15:41
驚きの修道院
「何もこんな場所に建てなくてもいいようなものを・・・」と思わせるフランスの有名な修道院、モン・サン・ミッシェル(Mont Saint-Michel)の姿に圧倒される。708年、ノルマンディ大司教が「大天使ミカエル」のお告げを受けて岩の島に礼拝堂を作ったのが始まりだとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/15 17:33
太宰治像除幕
6月19日、太宰治生誕百年記念祭が五所川原市の芦野公園で行なわれた。「生誕百年祭式典」と同時に「太宰治像除幕式」もあり、600人余の人出で賑わった。高さ約2mの銅像は、なかなか立派な出来である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/25 17:59
ミニチュア街
弘前市の追手門広場にミニチュア建造物群がある。明治・大正時代に作られた洋館などが10分の一の大きさになって立ち並んでいる。メーンストリート(?)をガリバー気分で歩いていると昔懐かしいノスタルジアを感じさせられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/05 18:05
菜の花満開
青森県内で菜の花と言えば、横浜町が有名である。津軽地方でも規模は小さいが、菜の花畑があちこちに点在する。中でも鯵ヶ沢町の建石地区にある菜の花畑は、岩木山(1625m)を背景とした素晴らしい景観である。先ず全景を10.5ミリの魚眼レンズで撮ってみた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/05/16 17:07
逆さ世界地図
オーストラリアでは、逆さの世界地図が作られ、売られている。北半球の住人にとっては、一目見て「おや?」と違和感を持つが、次第に「これは面白い」と感じてくる。まさに180度の転換であり、南半球の人たちだからこそ生まれる発想だろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/04/06 17:48
歩数計の進化
これまでいくつの歩数計を紛失し、また駄目にしたことか。今度はスポーツ店へ行かないで、ネットで歩数計を検索してみた。何と、知らぬ間に歩数計は大進歩を遂げていた。腰のベルトに固定するなんてもう古い。ポケットやバッグに入れておいてもいいし、首から下げてもいい。デザインも斬新で、多機能ときている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/26 16:19
山腹にスヌーピーが!?
数年前、「山の中腹にスヌーピーが見える」と言い出したのは、青森県板柳町に住む小学生たちだったと思う。地元の新聞に載ったのを記憶している。特に気にしていなかったが、最近国道339号線のバイパスを頻繁に走るようになってから、それが否応なしに目に入るようになった。車を止めて、その山をカメラに納めてみた。う〜ん、似てなくも無い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/06 17:23
弘前城雪燈籠まつり
第33回の弘前城雪燈籠まつりが2月7日から11日まで開催されている。四季毎にある弘前市の四大祭りの一つである。昨日は穏やかな日だったので、10年ぶりに夕方ぶらりと行ってみた。「ねぷた」と同じく、「燈籠」まつりなので見るならやはり夜がいい。写真を撮るにも、昼はインパクトに欠け、どうも雰囲気が出ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/11 17:36
「ナクア白神」って何?
青森県の岩木山北斜面にある「鯵ヶ沢スキー場」が、今シーズンから「ナクア白神スキーリゾート」と改称になった。経営者が「コクド」からアメリカの「シティー・グループ」に変わったからである。外人のスキー客が増えたようで、施設もちょっと改造され、英文の看板も立てられた。ところで「ナクア」ってどういう意味だろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/03 17:29
「国際芸術センター青森」
青森市の郊外にある文化施設「国際芸術センター青森」は、かなりユニークな施設である。美術館でも博物館でもない。でもチーフ名は、「所長」ではなくて「館長」である。予備知識も何も無くて訪れると、「一体ここは何をしている所だろう」と思ってしまう。そして驚くことに、ここの建物は世界的にも有名な建築家、安藤忠雄氏の設計によるものであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/18 16:04
落葉に目を奪われる
今年の「弘前城菊と紅葉まつり」は11月9日に終了した。例年より遅くまで実施されたのは、紅葉が遅れたためか、又は11月中旬まで紅葉の美しさが持続することに主催者が気付いたからだろうか。11月15日(土)に弘前公園へ行ってみた。祭りは終了したのに多くの観光客とカメラマンで賑わっていた。この日、私は樹木をあまり見上げないで地面ばかり見て回った。なぜなら一面の圧倒的な落葉に目を奪われたからである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/17 17:05
観光客であふれるイタリア
名所の多いイタリア。平日なのに、どこも人があふれている。まるで祭りのよう。「毎日、こうなんですか」と現地のガイドに聞いてみた。「いや今日は少ない方ですよ」との返事。国と国とが陸続きのヨーロッパなので、外国からのツーリストが多いようだ。しかし、隣にいた人に「どちらから?」と聞いてたらオーストラリアからとのこと。オーストリアではない。私は日本から。陸続きは関係なかったか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/28 17:18
「暗門の滝」歩道を歩く
ここ数日の晴天続きで、家の中にじっとしていられない。昨日、青森県西目屋村にある「暗門の滝」へ行ってみた。晴天、日曜日、紅葉の三拍子と世界遺産「白神山地」隣接の滝とあって、凄い人出。県外からの団体客にも引っ切り無しに出合う。大雨やがけ崩れのため、しばしば通行止めになっていたことは知っていたが、20年ぶりの歩道はすっかり様変わりしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 18:00
寅さんのふるさと柴又
映画「男はつらいよ」が誕生してから、今年は40周年とのこと。だからという訳ではないが、ぶらりと寅さんの出身地葛飾柴又へ行ってみた。柴又駅の改札口を出ると、直ぐ目の前に寅さんの銅像がニョキッと建っている。映画の効果があってか観光客が多い。帝釈天参道を進んで行くと、何だか映画の画面の中を歩いているような気分になってくる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/10/07 15:11
立倭武多(たちねぷた)
津軽の夏祭りと言えば、弘前の「ねぷた祭り」と青森の「ねぶた祭り」が全国的に有名である。それに加えて、近年成長してきたのが五所川原市の「立倭武多(たちねぷた)」である。高さが22m、重さ17トンの巨大なねぷたである。弘前や青森では見られない迫力で、観る人を圧倒する。必見である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/07 16:28
今年の「田んぼアート」
青森県田舎舘(いなかだて)村の「田んぼアート」は、平成5年から始まった。アートの技術が年々高まり、全国的にも評判になってきたようだ。「紫稲」や「黄稲」などの古代米の苗を植えて、それが育ってくると田んぼの全面に大きな絵が浮き上がってくる。今年の絵柄は「恵比寿様と大黒様」。昨日、写真を撮ってきた。既に見応え十分になっていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/18 12:07
ユーラシア大陸の最西端
人間には「端っこへ行ってみたい」という願望があるらしい。そう言うことで、兼がねヨーロッパの最西端を観たいと思っていた。そこはポルトガルの「ロカ岬」というところである。どこにでも在る海岸の風景ではあるが、そこに立つとある種の感慨を覚える。ポルトガル語のロカ(ROCA) は英語の ROCK に当たり、岬の下には岩がごろごろしていた。  ●ロカ岬の位置・・・北緯38度47分、西経9度30分、標高140m ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/06 18:19
珍植物ハカラメ
全く奇妙な植物もあるものである。「葉から芽」が出るので、「ハカラメ」という。「タネカラメ」なら当たり前で、誰もそんな言葉は使わない。数年前の4月、小笠原諸島の父島で山へ案内してくれた現地のガイドさんに教えて貰った。「これがハカラメという木で、葉から芽が出るんだ。葉っぱをお土産店で売っている。ここで採った方がいいよ。」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/13 16:38
中央アップルモール完成
人気関取高見盛の故郷、青森県板柳町のど真ん中に遊歩道が完成した。郊外ではなく、町の中心部を貫いている点が大きな特色の一つである。名称は「中央アップルモール(Apple Mall)」で、南北に2.1キロの長さがある。総工費16億5千万円、7年掛けて完成した。色々な設備が施されており、町民の自慢の一つになることだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/03 15:55
岩木山と桜
「富士には、月見草がよく似合ふ」のなら、「岩木山には、桜がよく似合う」と思う。今日、津軽の桜は満開となった。例年よりも10日ほど早い満開である。岩木山(1625m)と桜が一緒に見られる有名な場所と言ったら、何と言っても弘前公園である。しかし無名の「隠れ名所」がある。それは弘前市に隣接する板柳町の「岩木川河川公園」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/22 16:20
八甲田山の樹氷
樹氷と言えば蔵王と来るが、八甲田山の樹氷も素晴しい。八甲田山系の一つ田茂萢岳(たもやちだけ・1324m)の頂上付近では、沢山の大型の樹氷を見ることが出来る。八甲田ロープウェー(2460m)のゴンドラから、その景観を眺められる。次の写真は、ゴンドラを降りると直ぐ目の前に現われる樹氷群である。通信用のアンテナも、将に「スノー・モンスター」のようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/18 16:47
鏡像を撮る
単なる風景だけではなく、鏡、水面、窓などに映っている風景をカメラに収めてみると一味違った写真になることがある。左右が反対になるだけでなく、何か異次元の世界を撮ったようになり面白く、遊び心をくすぐる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/07 17:07
鰺ヶ沢スキー場
鰺ヶ沢スキー場は、津軽の名峰岩木山(1625m)の北斜面に位置しているので雪質がとてもいい。開業してから19年目になる。2967mのゴンドラ一基と5基のロマンスリフトがある。ゴンドラの真下のフォーレストコースは3400mの長さで、最大斜度18°、平均10°というなだらかさなので、初中級者と中高年にはピッタリのゲレンデである。現在210cmの積雪がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/27 15:51
乳穂ヶ滝、氷結す
青森県西目屋村の「乳穂ヶ滝(におがたき)」が3年ぶりに氷結した。この滝は、大量の水がザーザー流れ落ちている滝ではなくて、普段チョロチョロとした感じの水が落ちているので、冬になるとツララのように次第に太く大きくなっていく。同時に、真下に氷の「台座」も出来て、上の柱と繋がり一本の巨大な氷柱が出来上がる。高さは33mある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/18 15:42
驚きの世界遺産「ヴィエリチカ岩塩坑」
ポーランドと言えば、世界遺産アウシュヴィッツ強制収容所がまず頭に浮かぶ。そこは顔を背けたくなる暗黒のイメージを持つ「負の世界遺産」である。 しかし、ポーランドには我々日本人には余り知られていない凄い世界遺産があった。その名を「ヴィエリチカ岩塩坑」という。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/30 17:45
弘前公園の紅葉
北国はいよいよ紅葉シーズンに入った。八甲田山系は10月10日前後、十和田湖は10月下旬が見ごろとなる。山へ出かけなくても、弘前公園の紅葉も素晴しい。今年の「弘前城菊と紅葉まつり」は10月19日から11月5日まで開催される。しかし、私は例年そのまつりが終わってから公園へ出かける。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/10 15:53
スイスの自然に圧倒される
ツエルマットから登山電車に乗ると、間もなくマッターホルンが目の前に迫ってくる。写真やTVの画面ではない。本物のマッターホルンだ。その迫力。乗客たちが、「おゥー!」と歓声を挙げる。立体映画やハイビジョンTVによって、「臨場感」を何回経験していても、人間は現実の場に立たなければ真の満足を得られないみたいだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/28 18:29

トップへ | みんなの「旅行」ブログ

気ままな時空 旅行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる