気ままな時空

アクセスカウンタ

zoom RSS 一味違う美術館

<<   作成日時 : 2014/06/20 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

その名は「十和田市現代美術館」。NHK・Eテレの日曜美術館で紹介されてから、一度行ってみたいと思っていたところ、この度ようやく行く機会がありました。そのユニークさには、並の美術館では味わうことの出来ない楽しさがあります。

いわゆる「現代アート」の美術館ですが、インスタレーション(芸術的な設備によって構成された空間)が大きな特色で、中に入ると異空間を経験出来て興味が尽きません。残念ながら館内撮影禁止なので、屋外で撮った写真だけ載せています。
画像
 「フラワー・ホース」 チェ・ジョンファ作(韓国)。十和田市は昔から馬産地として有名で、あちこちに馬に関する施設や像があります。

画像
「フラワー・ホース」の前足の向こうに見えるのは、企画展示室の外壁です。壁に奈良美智の少女と風景画(ポール・モリソン作《イギリス》)が描かれています。

画像
画像
美術館向かいの「アート広場」には、水玉模様をテーマとしている草間彌生の作品が並んでいます。タイトルは「愛はとこしえ十和田でうたう」(Love Forever, Singing in Towada)です。

画像
画像
「アッタ」(椿 昇《つばき のぼる》作)葉切り蟻(ハキリアリ)で、コスタリカの熱帯雨林に生息しています。真っ赤に巨大化することによって、既成疑念にしばられ、画一化した現代の消費社会に警鐘を鳴らしている彫刻だと、解説にありました。


画像
館内の画像が無い代わりに、当館のパンフレットの一部をスキャンして載せます(*^_^*)。サイズを大きくしましたので、クリックで拡大させると文字は読めると思います。目玉は何といっても左上の「スタンディング・ウーマン」(ロン・ミュエク《オーストラリア》作)でしょう。高さ4メートル。まさに見る者を圧倒する迫力です。必見



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一味違う美術館 気ままな時空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる